睡眠時にも労働時にも最適な精神安定剤デパス

一時期、強い不眠と労働意欲の低下に悩まされていた時期があります。

緊張感が続く感じで、何をやるにも力が入り過ぎるような状態でした。

当然、そのような感覚で深夜までいると不眠になってしまいます。

考え事をするのにも、力が入り過ぎると言いますか、変な方向に意欲が向いてしまう感じです。

労働中も、労働自体よりも、効率化を考えてしまうようなことがおおかったのです(それは上司の仕事でした)。

上記の内容を精神科の先生に伝えたところ、処方されたのがデパスでした。

デパスの効果はかなり強力で、やる気がみなぎり、かつ精神的に安定するといった、若干矛盾を感じるようなものでした。

精神科の医師いわく、発達障害のように、やるべきことに注意が向かない・別の方向への緊張を統一させてくれる精神安定剤がデパスとのことでした。

やる気が出るので、当然労働もはかどりました。

また、睡眠前に服用すると、「寝る事」に集中力が統一されるので、安眠もできるというありがたい精神安定剤だと思っています。

今でも頓服で使用しているのがデパスです。

弱い効果の薬から、強い効果の薬まで精神安定剤は様々でしょうが、唯一強力な効果を感じられたのがデパスです。

積極的にも、リラック状態にもなれる、なんだか魔法のような精神安定剤でした。

(埼玉県 土掘り次郎さん)




Comments are closed

Ringbinder theme by Themocracy