Category: 精神安定剤の効果

精神安定剤を服薬送って良好だったこと

私は以前、不安神経症で精神科で治療して貰っていたとのことです。
その時点、精神安定剤を処方が施され1年くらい服薬実施していました。
私自身は厳しいことから楽と呼ばれたい気持ちが影響したので精神安定剤を飲み込むことに抵抗は欠けていたのだったとしても、両親はとても心配実施していました。
服薬後一秒であろうとも私の様子が胡散臭いという、薬の副作用になると両親は騒ぎ立ておりました。
そういう両親の心配症て言うか過干渉なところ依存して私は不安神経症となって見受けられたのという意味です。
薬を摂り込んでも実家を来たしている限りは病気は治りませんとなっていました。
それでも気持ちは楽に陥ってしまったのに相違ありません。
医師に達するまですすめられ、実家を起こって彼氏って暮すようになったわけです。
彼は病気に関する理解にも上りおりましたし、必要以上の干渉も実践してこないのです。
引っ越して薬を飲み重ねてどんどん体調は良化し、薬にお願いしなくても普通に生活に向けになったわけです。
精神安定剤というのは物事を激しく考えすぎてしまう癖を絶やすのにどうしても使えると思いました。
薬を飲み始めて著しく忘れっぽくなることができました。
仕事次第でもミスが多くなったし、日常生活次第でも台所に開催したのに何を取りに到着したのか失念したというようなことが目立つようになり不便に思いました。
も、結果的にそういう不便はあったのですが、嫌なことも忘れられるようになったのです。
薬を止めた今でも、忘れっぽいところが満載ですが、おっちょこちょいですむレベルです。
今そうだとしたら無理に思い切りなるかなとおもうことにも上りません。
忘れっぽいけど、それが大事だとしてます。
(神奈川県 NHさん)




Ringbinder theme by Themocracy