Category: デパス

突然の親父の死で精神安定剤(デパス)を服用しました。

ある日突然親父が亡くなり、突然死という形でしたが心臓発作だったのでビックリしてしまい精神的に不安定になりました。

葬式や通夜など忙しく朝から晩まで動きまわっていたのですが、一通り終わり落ち着いた頃精神的にかなり不安定だったので自分も病院で検査くらいしておいた方が良いだろうと病院に行きました。

突然の事で色々と精神的に不安定だった事もあり医者では精神安定剤を出されました。

デパスという薬です。

それまで、この系統の精神安定剤を飲んだ事が無かったのですが一応服用してみましたが精神的にどうこうというよりもボーっとして眠くなるような感覚になりました。

デパスを服用して何かが変わるような実感はなかったのですが、多少精神安定剤を飲む事でもしかしたら飲んでいる安心感があったのかもしれません。

週3回程度のデパスの服用で、軽い精神安定剤だったと思います。 

たぶん気持ちを落ち着かせるとかではなく何となく神経とかをぼかす感じなのかなぁというのが自分の飲んでみた感想です。

処方に書かれている処方回数をきっちり守って毎回飲むという感じではなかったのですが、電車に乗っている時などは薬の副作用で頭がボーっとしてきて逆に気持ち悪くなる事もあったので、それ以降、デパスを飲むのをやめました。

今振り返るとデパスの効果があったのかどうかわかりませんが体がだるめで頭がボーっとするという感じがしました。

(千葉県 ふうらいさん)




お局様が精神不安定でヤバイ状況がデパスで普通になりました。

会社のお局様が精神安定剤を飲むようになって、正確が穏やかになってホッとしています。

限りなくグレーに近い中小企業で、個人が抱えている業務量は常にキャパオーバーの状態で、お局様もかなりしんどかったのだと思います。

繁忙期のひどい時は、出社時に挨拶をしても無視したり、仕事中も部屋中に聞こえるくらい大きなため息を連発したり。

時には、いきなり泣き出してしまうこともあったのです。

ただでさえお局様の存在は周りにとっては際どいものなのに、そんな状態では本当に関わりたくない人に成り下がっていました。

あまりにも常識を超える態度だったので、上司が個人面談を行いました。

お局様は、担当業務過多だけでなく、任されている仕事内容の重さに、人一倍不安感を抱いていて、気付けば精神的に不安定になってしまったとのこと。

上司のアドバイスでメンタルクリニックに足を運んだそうです。

何度か通院し、医師と打ち解けたところで、デパスという精神安定剤を処方してもらったそうです。

お局様がデパスを服用し始めてから、態度が以前のように普通になりました。

繁忙期は精神的に辛くなることもあるそうですが、薬を飲む前よりは楽になったそうです。

月に何度かの通院は欠かせないそうですが、お局様とはいえ少し元気を取り戻せた姿を見て安心しました。

(愛知県 みらくるさん)

格安クラビット




怖がらずに精神安定剤を使おう

私は、デパスという薬を5年ほど飲み続けています。

週に二回行く精神科で処方していただいています。

デパスは内科でも処方されるようなメジャーな精神安定剤ですが、私の体質にあっているようです。

普段、緊張感のある仕事をしているので肩凝りがしたり、胃が痛くなったり、不眠に悩んだりしていたのですが、デパスを飲むと緊張が緩和されて、少しだけぼーっとしたような感じになります。

筋弛緩効果もあるようなので肩凝りからくる頭痛も楽になりました。

何より、飲んでいなかったときに比べると小さいことでクヨクヨしなくなり、性格が少し前向きになりました。

毎日朝、晩の二回飲んでいますが、以前に比べて眠れないこともなくなっているので、このまま飲み続けてみようかと思います。

依存しているのではないか、やめられなくなるのではないかと心配になったこともありましたが、少ない量なのでやめることもそんなに大変ではありません。

途中5年間で何度か休薬したこともありましたが、やめたことで具合が悪くなることもなかったです。

必要以上に精神安定剤に抵抗を感じたり、怖がったりしている人がいたら、少ない量からドクターの指示を守って使えば問題がないということを伝えたいです。

(新潟県 ちゃいさん)




睡眠時にも労働時にも最適な精神安定剤デパス

一時期、強い不眠と労働意欲の低下に悩まされていた時期があります。

緊張感が続く感じで、何をやるにも力が入り過ぎるような状態でした。

当然、そのような感覚で深夜までいると不眠になってしまいます。

考え事をするのにも、力が入り過ぎると言いますか、変な方向に意欲が向いてしまう感じです。

労働中も、労働自体よりも、効率化を考えてしまうようなことがおおかったのです(それは上司の仕事でした)。

上記の内容を精神科の先生に伝えたところ、処方されたのがデパスでした。

デパスの効果はかなり強力で、やる気がみなぎり、かつ精神的に安定するといった、若干矛盾を感じるようなものでした。

精神科の医師いわく、発達障害のように、やるべきことに注意が向かない・別の方向への緊張を統一させてくれる精神安定剤がデパスとのことでした。

やる気が出るので、当然労働もはかどりました。

また、睡眠前に服用すると、「寝る事」に集中力が統一されるので、安眠もできるというありがたい精神安定剤だと思っています。

今でも頓服で使用しているのがデパスです。

弱い効果の薬から、強い効果の薬まで精神安定剤は様々でしょうが、唯一強力な効果を感じられたのがデパスです。

積極的にも、リラック状態にもなれる、なんだか魔法のような精神安定剤でした。

(埼玉県 土掘り次郎さん)




過敏性腸症候群の腹痛対策にデパスを服用しました。

私は基本的に健康体です。

マラソン大会にも参加しているくらいです。

ただ、そのマラソン大会のレース中に、お腹が痛くなり、下痢でトイレに駆け込むケースが何回かありました。

一般の方から見れば、何でもないことでしょうが、走りながらトイレを我慢するというのはとてもとても辛いことです。

そこで、内科を受診して、経緯を話しました。すると、先生が「過敏性腸症候群かもしれません。

最近は過敏性腸症候群に良い薬があるようなので、専門にされている病院に行ってみては?」とのことでした。

早速ネットで調べると自宅の近くのクリニックが検索に引っかかりました。

「心療内科」とあったのがちょっと気になりましたが、とりあえず行ってみることとしました。

結論を言いますと、過敏性腸症候群は「精神的にくる腹痛なので、気持ちを和らげる薬を出しましょう。」と言われ、その中にデパスが入っていました。

「デパスって精神安定薬じゃない!?」

それでも、あの過敏性腸症候群の腹痛がなくなるなら、とレース前にデパスを飲み始めました。

2日目頃、会社の昼食のあとにデパスを服用し、いつもの通りに机に突っ伏して寝ていたら、遠くから私の名前を呼ぶ声がします。

「???」「あ、会社だ!」と思い慌てて起きると、同僚が「肩を叩いても起きないから、死んだかと思った~!」と青くなっていました。

自分としては、完全にスイッチが切れた感じでした。

それから、怖くてデパスは飲んでいません。

マラソン大会でフルマラソンを走る人間が、なぜか抗うつ剤を飲む羽目になったという、なんとも変な話です。

(埼玉県 Haruruさん)




私のデパスの購入先

仕事上のストレスから1年半、デパスを服用していた。

新天地を使った人間関係が賢くいかず、夢にいつも仕事で嫌な人が毎夜浮かんでくるようが現れて、職場でも息苦しく胸がつまる・出社前に動悸がする等の不調にかかった為、近所の心療内科へ顔を出していました。

先生では抗鬱薬も求められたのですが、以前パキシルを服用していた際に断薬するのに非常に手が掛かった為辞退しました。

デパスなら小気味よいし、効き心地も抜群なんじゃないものの穏やかに効き目があるし、やはり普通の内科で肩こりだけどね処方なり出すことを承知していたので、断薬も簡単んじゃないでしょうかという判断でした。

出社前に1錠、横になる前に1錠呑み、飲み始めから1時間後ほどには少し頭の中がぼんやりに推移して来ることができて、その状態が大体3時間ほど後を絶ちません。

仕事しつつの服用でありましたが、眠りそうになることも無く、普段の作業内容に不都合がある程ぼんやりすることになったわけだけどね出せない為、私ためには調和して見られたと思われます。

入眠に関しては、睡眠薬ではないから、これを摂り込んだから寝つけるとは無関係に、あくまでざわついている気持ちが落ち着くという程度です。

悪夢は残念ながら解消が行われませんでありましたが、寝付きに関しましては少し改善されたかなって言えそうです。

断薬も無理無く実現できたので、少し精神的に不調で気分が優れないという方ためにはバッチリなのそれじゃあと思われます。

今は職場が翻り、病院に行け解決できたので、ネットの通販で購入やって貰っています。

(大阪府 みっちゃんさん)




心の隙間に精神安定剤

精神安定剤を望んでいる自分と考えられるのかなと感じるといったそれのみで、心配と化すになることもあります。
私が最初に服用を薦められた時の先生というのは、「私だって飲ん生じるよ、会議だって緊張するしね」といった、不安顔の状況だった私に説明を与えられました。
最初に与えられたのはデパス、かなり軽いものと思われます。
原因と言われるのは、社会人に陥ってしまった数年後へとへとになって存在したころ、会社等を含んだイベントを発見したら現場に着けば大丈夫ではあるがいく風潮に下痢と化したりとその他もろもろとあって、堅実に体に不調をきたすようになったわけです。
そんな場合納得のいくまでお医者さんに相談したみたいです。では不安に思う事をもらったり、その前のこれ危険かもといった察知した際の為には納得のいくまで服用し始めていました。もちろん他にすら夜の為には、眠剤も服用されるとかしたみたいです。
私の際ではあるが、早めにお医者さんに行なったことや自分を実らせる薬を探し出すことができたことで見事だったでしょう。
その後結婚、出産もしもいましたが今度は子育てでイライラしたみたいです。
これならば子供にあたってしまうかもしれないという、不安感を把握した時の為にはクリニックに出掛けデパス下さいという処方実施してもらう事も見られます。
含んでいるのみで安心始めるという気もしもます。
心の隙間が覆われるのにおいては、精神安定剤にも影響されてなんもお勧めできると表現してみるということもお勧めできると計画中であります。
(東京都 ごろべえさん)




デパスの効果で興奮することが少なくなりました

私というのは、引きこもりをもう何年も行って存在するが、数年前から精神科に来院して考えられます。
そこでとっても良い、精神安定剤と出会えいました。
デパスというお薬です。
デパスを楽しむと、混ん出る道を受かるとき、そして人が数多くおるところ歩くときなどの方法でも、安心やれます。
たとえば、ファミリーレストランなどの方法で、いともしつこくていらいら肌で知って来れば、デパスを楽しむと、穏やかな気持ちに陥って、まぁうるさいけどいいかというような気持ちになることができて、いとも良いお薬です。
また普段引きこもってる私ですが、時に日雇いのアルバイトに出掛けるときであるとかもデパスを利用します。
まず普段余り人と顔を合わせていないので、人といった逢うことにいとも緊張感や不安感が見受けられますが、デパスを多目に飲み行きますと、だいぶ落ち着けて、人と始めるのも苦とは違ってなってしまいます。
こうしてデパスを飲みながら、社会復帰をできるといいなあと言われているのは思案してるのですが、デパスに引きずられてもしんどいものは難しいです。
人と出会うたびにデパスを飲みおきさえすれば、処方決まっている分量を超えてしまうでしょうし、呑みすぎるといった、飲みおらないときの落差が困難だったりでもあります。
もつかいかた銘々でデパスは随分よい薬だと考えてます。
(住所大阪 氏名しゅうさくさん)




「社会不安障害」で精神安定剤を処方されました

人と話すのが急に怖くなった時期がありました。
子供が幼稚園に上がり、ママ友付き合いを始めないといけなくなってからです。
朝送って行けば園庭で立ち話。昼過ぎに迎えに行っても立ち話。たまにはランチにも誘われて。
もともと人見知りが強かった私は、すっかり心身のバランスを崩してしまいました(*_*)

ママ友だけではなく、近所の人と話すだけで汗がドバっと出て手が震える。
思うように話せなくて声がうわずる。
そのうち電話に出るのも怖くなって、電話の音が鳴ると体が固まるようになりました(/_;)

さすがにこれはまずいと思って、近くのメンタルクリニックに行きました。
メンタルな病院は初めてなので緊張しましたが、待合室で待ってる患者はとても普通で、ここは本当にメンタルクリニックかと思う程でした。
内科と変わらない雰囲気に少しホッとしました(*^_^*)

名前を呼ばれて診察室に入って医師に事情を話すと「社会不安障害ですね」と言われました。
初めて聞く病名にポカーン(._.)としていると、医師は精神安定剤のデパスとワイパックスを処方してくれました。

今は自律神経の乱れが激しいから、人と会う前は薬を飲むように。そして症状を抑えながらカウンセリングして行きましょうと言ってくれました。

翌日から幼稚園に行く前に薬を飲みました。
こんな小さな薬で本当に大丈夫なのかと逆に不安になりましたが、不思議とママ友と会ってもドキドキしませんでした。
それどころか以前のようにスラスラ言葉が出て来ました。
これはすごい薬だ、と効き目に怖くなりました。
今も薬を飲みながら治療中ですが、この精神安定剤は手離せなくなりそうです(>_<) (兵庫県 くるんさん) ライザップでダイエットした体験談




頓服的に精神安定剤(抗不安剤)デパスを飲み慣れて

私はうつ病を長く患っていまして、抗鬱剤は服用しいるんですが、これ以外にに頓服的に精神安定剤(抗不安剤)としてデパスを服用し混ざっている。
頓服なので、飲むのは症状が出たときにそれを押えるため、だということです。
よく生じる症状としては、胸がざわざわセットして来る、手が揺らいでくる、練り上げることがまとまら消え失せて現れる、賢く口が回ら消え失せて現れる、考えていることが言葉に現れて来なくつながってくる、気分が大変重い病状になって来る、気分が非常に萎えて来る、などだと言えますが、デパスを飲酒するとその症状が、30分ことからも判るようにすーっって雲隠れしていくと考えます。
実に曇った窓ガラスをタオルで拭いていくことができるよう、上記の症状が雲隠れしていくべきです。
それの関係によって、デパスはこの10年引き渡すことができない薬になります。
基本的に頓服なので、症状がスタートしから飲み込むように指示言われていますが、今ではありますが、それが出だすタイミングが時間で聞こえるので、(つまりに関しては、薬が過ぎて来るタイミング、仕事でストレスが貯まって生じるタイミング)、それに付帯して予防的に服用し混ざっている。
それらを含めるという、平均の服用回数に関しては、1日に4回、1回1錠です。たいてい、朝あったとき、昼食を盗った後、夕食を取る前(夕方6時ころ)、そして就寝中です。
正にデパスは手放せません。
これが不足すると、私の普通の日常生活は送れないでしょう。
(大阪府 うっちゃんさん)




Ringbinder theme by Themocracy