Category: リボトリール

気持ちのリセットのために精神安定剤(メイラックスとリボトリール)を飲んでいます。

私は今まで様々な種類の精神安定剤を飲んできました。

現在は、メイラックスとリボトリールの2種類です。

メイラックスは、精神安定剤の中でも非常に長く効果が持続するタイプで、私は寝る前に1.5mg飲んでいます。

最初は1mgだったんですが、日中緊張から吐き気がする事が続き、それを聞いた主治医が0.5mg増やしたものです。

たった0.5mgで変わるだろうか?と思いました。

気分的なものなんじゃないかとも思いましたが、実際1.5mgを飲み始めてから、日中の吐き気がぴたりと止まりました。

以前はデパスも飲んでいたのですが、依存性が恐くて断薬しました。

そのせいで、急な不安時に飲む薬に適当なものがなくなってしまい、一時は抗精神病薬を飲んでいたのですが、あまり効果がみられなかったので、リボトリールという精神安定剤が処方されました。

これは不安時に頓服として0.5mg飲むよう指示されていますが、最近はあまり効き目を感じないので、一度に2錠1mg飲むようになりました。

何となく気休めのようでもあります。

飲んで30分くらいで眠気を感じるので、辛い気持ちの時はこの眠気を利用して仮眠をとり、気分をリセットしています。

私にとって精神安定剤は、気分のリセットです。

調べると、リボトリールもデパスの仲間のようでしたが、特に依存性については説明がなかったので飲み続けています。

(埼玉県 tskさん)




リボトリールを精神安定剤としてにて

私は3年前から元々保持していた不安障害が悪化に推移して、沈んだ気分という診断実施した時を感じました。
その時代は何も意欲がわかず、毎日苦しく、でも何とか家事と育児を行っている状態だった。
色々な薬に挑んで存在し、処方実施したのがリボトリールです。
リボトリールはてんかん等に対しても採用できる薬但し、安定剤の立場での作用にも上り、不安薬中では思い切り激しい方に分類食らう薬と一緒だった。
不安に関する効果が激しく、作用時間も長い薬で、それに挑んでみました。
結果としてかなり効きいたんです。
飲んで少し経つと良識ある効果を感じていましたし、作用時間が長いのでまず使用すると思い切り長期間にわたって平穏無事にいられいたんです。
その時代の私にしたら、この薬に出会うことができていい出来でしたという気持ちだった。
ただ副作用も見受けられる。
私が特に感じられたのは眠気だった。
睡眠前に服用した場合においては、不眠でありました私も睡眠薬にお願いせずに寝られることにも上りいたんですし、出て来た時に眠気が抜け替わらないことにも上りいたんです。
車の運転を行なうことも存在したので、それを想定するといった恐ろしいなという思いにも上りいたんです。
吐き気などということは殊に見当たりませんでした。
リボトリールは効果が凄いので、長くのんでいるといった依存性を患いやすいとも聞いていますが、私であれば次第に量を切り落とし、別に依存性は見当たりませんでした。
(兵庫県、YUIさん)




Ringbinder theme by Themocracy