Category: レキソタン

適応障害の落ち着かない日にレキソタンを半分だけ飲んでいます。

過干渉な親に育てられたため、高校生になった頃から常に体調が悪く、気持ちも激しく塞いだり逆にテンション上がり過ぎたりと大変でした。

大学に入るとそれが一時的に悪化して、病院で適応障害と言われました。

薬を飲むことには抵抗がありました。

自分の不調の原因は、自分の心の弱さではなく、周りの環境が悪すぎるからだと、知っていたからです。

精神安定剤って自分の心をコントロールできない人が飲むものというイメージがあったんです。

レキソタンというのをもらいましたが、頓服(不安時のみ服用)だったので、意地になっていっさい使わずにいました。

お医者さんには適当に、週三回くらい飲んでる、と言っておきました。

それで、飲まないくせに飲んだふりをして、お医者さんが定期的に処方するので、そのうち家に大量のレキソタンがたまってしまって。

OD目的でため込んでる人みたいになってしまいました。

そんなつもりないのに。

飲んだことのない精神科の薬が大量に積みあがっている机を見てると、むだにドキドキすることがおおくなりました。

で、ついにお医者さんに、嘘がばれてしまいました。

なんだか診察時に話していたことの辻褄が合わなくて、あっさり見破られてしまったんです。

「風邪で高熱が出た人は、もとの体の丈夫さとは関係なく薬を飲むものでしょう? 精神科の薬も同じですよ」

お医者さんにそう言われました。

それで、飲んだ時の効果が不安なら、最初は半分に割って飲んでも良いと教えてもらいました。

結局、私は精神安定剤が効きやすい体質だった事が分かり、落ち着かない日に半分だけ飲むのが丁度よいみたいでした。

その後、かなり長い闘病をしたので、他にも抗うつ剤を調整したりして、一時期すごく薬が増えましたが、今ではそれも一段落しています。

(茨城県 S.N.さん)




うつ病で服用している精神安定剤

うつ病に見舞われて、7~8年ぐらいです。
精神安定剤になる種類の薬的には、レキソタン、ソラナックス、リーゼをのんだ経験が避けられません。
他と断定しても睡眠導入剤、抗鬱剤など何種類か飲用しいるのだけれど、ここさっそく割愛したいと思います。
レキソタンは今も継続味わって飲み慣れている薬です。
私は何かある方も多いかとパニックになるから、これを呑むことで精神を鎮静して、むしろぽんやりするくらいの状態ですがくれたから混入されている。
だけのことはあって、眠たく陥ることが多く昼寝は必須です。
昼寝行なう事については、先生も推奨を下さって混入されている。
ソラナックスについては、のどの詰まりが猛烈だったときに出されていたんです。
一時期、何を行なってしまうけれどのどが塞がった感じが味わって、食事を行なってしまうのも悲しい状況だったのです。
ソラナックスで、のどの詰まりを少し損して、なんとか食事やるくらいまで持込んでいたんです。
リーゼについては、頭の中がわんわんを続けてきたとき、頓服薬として出されていたんです。
最近は病気もよく変容してきてあり、次燃やすうちはレキソタンだけでは先生は仰っていたんです。
以前については、調子弊害を先生に尋ねられると、そこから雪だるま式にどんどん広がって行って、両手に緩和されないくらいの薬を飲用しいたそうですが、病院を転々として、今の先生に出くわしてからでは半分みたいに薬も鎮まり、調子もよくされています。
どうにか一人で外に生じる事もでき、じんわり病気は上昇して混入されている。
(千葉県 とろろさん)




パニック障害でレキソタンやソナラックスやメイラックスの安定剤を摂取していらっしゃいます。

正に今の時代はストレス時代で何かの具合の酷い体の不調をきたすことはほんとに事例で内科のケースでも何も問題はされずていろんな検査のお陰でストレスが原因だのまた自律神経の乱れにて生じている症状であるとかってほんとに今の時代の精神的な病は少なくないものです。
心療内科や精神科は抵抗の整った方も多いようですが、絶対にいうほうがバッチリです。
私はパニック障害をわずらわという様ないらっしゃるもので長らく精神安定剤を服用行っています。
ベンゾジアゼピン系の精神安定剤でレキソタンやソナラックスやメイラックスなどを含んだ安定剤を服用して待っています。
正に疎ましい症状が出たときにこれらを頓服で服用したり仕事からすれば朝に服用しておきさえすれば思い切り症状がやわらぎますし症状がでにくく陥ります。
が理由で今もずーっと服用行っています。
これらの薬は長く用いる事によっておられるとききにくく言うといわれていますが定期的に量を一定で服用実施しているとそうではなくては言ってもいいでしょう。
私は7年服用しているのだけれどほんとに最初の容量のケースでもよく聞いているのが確認できるでしょう。
が理由でみなさんも我慢しないまま心療内科に訪ね歩いてくださいね。
我慢回避するようにすることをおすすめします。
安定剤は本当に自分にちょうどいいものを探し出せると本当に役にたって得るお守りみたいなもの所です。
(兵庫県 たけし あっきんさん)




私が体験し終えたパニック障害に関する対処法という、その後の予防に対するお話

以前に私は人の多い電車配下で俄然パニック障害に陥ってしまったことがあった。
私は以前から極度の緊張持ちで、何か特別なことを保持している日などには何時間も前から人一倍緊張やる体質でしたか。
ただし、その日の内は特別甚だしく緊張するような出来事やイベントを発見したわけじゃなかったので自分自身言葉を失いました。
何と考えても急に電車にのぼり続行できる状態じゃありませんのお蔭で、短期間で一番ほど近い駅で下車経験して駅のベンチに座りました。
そういった状況の今日この頃の対処法とは言えども、私は以前気持ちの問題で都立病院の神経科に通院していたわけですことを持っており、その状況で不安時に飲んだら効果を保持しているお薬をいただいた上でいたので、まずはそのお薬をお水で飲みました。
お薬の名前は『レキソタン』と言われているもので、不安な気持ちが自分でコントロールしにくい際に飲むための、神経に効果を発揮始めるお薬です。
パニック障害に陥ってしまったそんな時にレキソタンを持っておりほんとにありがたかったことになります。
その後はまず無理に作動せず、家族など信頼やれる人へ連絡を取り入れて、気持ちをくつろがせました。
私は20分ほどその場から横たわって、水を呑み自然という落ち着くのを待ち受けました。
後日、私は先ほど言葉にしました神経科を訪ねると、医師の方から「疲労困憊していたから神経が情緒不安定と定められていたわけですのという、人混みの内にしばらくいたわけですのに端を発する中におけると言っている」と言われておりました。
それと、先ほど私が書き込んだパニック障害発症時の対処法は非常にありがたかったと名付け貰いました。
それ以来体調がすぐれないときはあまり無理しなくて、無性に電車が忙しない際は時間をづらしたり、あらかじめお薬を呑みおいたり経験して先に予防していると聞いています。
以上、私が体験されたパニック障害に対する対処法という、その後の予防に関するお話でしたか。
(東京都 トロロさん)




Ringbinder theme by Themocracy